内分泌代謝内科

診療担当表はこちら

診療内容

糖尿病専門医(常勤2名 非常勤1名)による充実した糖尿病外来ならびに、入院治療をおこなっています。インスリン処方数が北河内地区では特に多い医療機関となっており、1型糖尿病の方をはじめ、比較的重症の糖尿病患者への対応もしている結果であろうと思われます。

内分泌疾患では甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症などへの対応をおこなっています。

特色

糖尿病専門医、糖尿病療養指導士による専門治療を行っています。また以前から「急激な血糖降下や低血糖、血糖の乱高下を極力避ける」ことを大切にし、患者さんの苦痛にならない治療をめざしています。その結果、重大な硝子体出血などのトラブルが少なくなっていると思われます。入院、外来どちらでもインスリン導入できます。各種GLP1アナログ製剤への対応、内服糖尿病治療薬の新薬も積極的に取り入れて治療ラインアップをそろえています。ただし、現時点ではインスリンポンプ療法には対応できていません。患者さんと二人三脚の治療を理想としています。

担当医師

内分泌代謝内科部長:加藤 星河(かとう せいか)
卒業年 京都大学 昭和62年
専門 糖尿病(患者教育・インスリン導入・合併症の管理) 内分泌疾患
所属学会等 日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
福島 徹(ふくしま とおる)
卒業年 京都大学 平成5年
専門 糖尿病
所属学会等 日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会糖尿病専門医

非常勤医師

山田 敬行(やまだ たかゆき)
卒業年 信州大学 昭和57年
専門 内科一般 糖尿病
所属学会等 日本内科学会認定内科医、日本糖尿病学会糖尿病専門医、日本内分泌学会内分泌代謝科専門医