小児科

診療担当表はこちら

診療内容

小児における内科系疾患全般の診療を行っています。乳児健診、予防接種や発達相談、RSウィルス感染予防のためのシナジス投与等を外来で行っています。また、成長ホルモンなど各種の負荷試験も行っています。年齢が長じたお子さんでは、心理的な問題が浮上してくることがあります。当院では、臨床心理士によるカウンセリングを行っています。また学校健診で異常を指摘された子供たちの2次健診を引き受けています。

慢性疾患外来には、気管支喘息・アトピー性皮膚炎といったアレルギー疾患、蛋白尿・血尿を主訴とした腎疾患、糖尿病、川崎病後の健診など様々な疾患の方々の診療をおこなっています。小児の病気は突然に発症することが多いですが、当科では患児の重症度に応じて即日入院加療も対応可能です。

特色

  • 乳児健診や予防接種といった小児保健に力を入れています。特に予防接種は、月曜・火曜・水曜の連日午後に接種予約を受け付けています。
  • 学校心臓健診後に2次健診に来られた場合、循環器科の協力を得て心エコー・24時間心電計も含めてほぼ一日で検査完了できます。(結果報告は先になることがあります)
  • また小児外科医が常勤しておりますので、小児の包茎・陰嚢水腫・ヘルニアといった疾患を院内で診察・治療方針決定まで完了させることができます。
  • 血液検査等を院内で行っていますので、病状の評価を迅速に行えます。CT・MRIといった検査も、それほど待つことなく撮影可能です。これらの医療資源をもとに、迅速な診断と治療が可能です。

担当医師

小児科部長:北川 康作(きたがわ こうさく)
卒業年 鳥取大学 昭和60年
専門 小児腎疾患
所属学会等 日本小児科学会小児科専門医、日本小児感染症学会、日本小児腎臓病学会、日本腎臓病学会