泌尿器科

診療担当表はこちら

診療内容

腎臓、尿管、膀胱、前立腺などの疾患の治療を行います。

血尿は肉眼的にわかるものもありますが、顕微鏡で確認しないとわからないものあります。痛みや発熱などの自覚症状がない場合診察を見送られやすいのですが、尿路結石などが見つかることが多いです。早期受診をお勧めします。

担当医師

泌尿器科部長兼手術部長:東 新(ひがし しん)
卒業年 京都大学 平成2年卒
専門 泌尿器科一般 泌尿器科腫瘍
所属学会等 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医、泌尿器腹腔鏡技術認定医、日本癌学会、日本癌治療学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、身体障害者福祉法第15条指定医(ぼうこう又は直腸機能障害)

非常勤医師

竹内 秀雄(たけうち ひでお)
卒業年 京都大学 昭和42年卒
専門 泌尿器科一般 泌尿器科腫瘍
所属 京都大学泌尿器科
牧野 雄樹(まきの ゆうき)
卒業年 京都大学 平成17年卒
専門 泌尿器科一般 泌尿器科腫瘍
所属 京都大学泌尿器科