薬剤科

基本方針

平成25年10月からの全面院外処方開始に伴い、薬剤師業務が入院患者中心へと移行しました。私達は医薬品の供給や調剤を行うだけではなく、病棟活動を行う中で患者一人ひとりに対して薬学的ケアを実践し、安心・安全な医療の提供を行えるように心がけています。 また各種院内医療チームに参加することにより、薬剤師の観点から"薬の安全管理"などにも貢献しています。 これらの業務を通じて知り得た情報は、地域の中核を担う病院として、学会発表や近隣病院・保険薬局への勉強会の開催などを通じて情報共有を図り、枚方市東部地域における病診薬連携にも積極的に取り組んでいます。

薬局長挨拶

病院薬剤師の仕事をご存知ですか?  お薬は病気の治療に欠かせない大切なものです。患者さんに安心して薬物治療を受けていただくために、私たち病院薬剤師は、薬が正しく、安全に使われるためにはどのようにすれば良いかを考えながら仕事をしています。例えば、薬が飲みにくくないか、薬の効果が十分に発揮されているか、副作用が出ていないかなどといった問題点をいち早く発見するために患者さんと向き合うことを心がけています。また、患者さん一人ひとりの状態を把握し、その人にとって最適な処方とするために処方医との架け橋となることも重要な仕事の一つです。  当院では、赤いラインの入った白衣を着ているのが薬剤師です。私たちは患者さんの一日も早い回復を願い、日々研鑽を積み重ねています。 薬について気になることは、どんなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。 このサイトでは、病院薬剤師の仕事について紹介しています。 普段は見えない縁の下の仕事も見えるかもしれません。

特色

内服・注射調剤
内服調剤では処方せんに基づき、主に入院の内服薬、外用薬の調剤を行っています。その際、PDA端末を活用し、薬剤の取り違いを防止するように取り組んでいます。 注射調剤ではオーダされた注射処方せんの投与量・投与速度・投与経路・投与間隔などを確認し、外来および入院患者の注射薬を調剤しています。調剤した注射薬は、輸液・ラベルを一施用ごとにセットし、病棟へ供給しています。 内服・注射処方せんには検査値が記載される ようになっており、薬剤師は用法用量や休薬期間など、適切な処方がされているかを確認しています。また、電子カルテに入力された処方は薬剤科の部門システムにより、注射薬を含めた相互作用チェックが可能となっており、有効で安全な薬物治療に貢献しています。
抗がん剤業務
入院・外来化学療法に使用する全ての抗がん剤の調製を行っています。抗がん剤の処方内容については、化学療法委員会を通じて妥当性を精査・登録されたレジメンに基づき、化学療法の安全な施行や副作用の防止・軽減に努めています。 また、外来化学療法室において薬剤師が常駐しており、化学療法の説明や副作用の確認、処方提案の実施など日々の生活を送りながら治療に専念出来るように努めています。
化学療法レジメン一覧.xls

無菌調製業務
中心静脈栄養を中心とした高カロリー輸液の混合調製を行っています。 高カロリー輸液は他の投与方法と比べても感染リスクの高く、クリーンベンチで無菌的に調製する事で、細菌汚染の防止に努めています。 また栄養設計が適正であるか複数の薬剤師が鑑査する事で品質の確保を行っています。
医薬品情報〔DI〕業務
医薬品に関する適切な情報〔相互作用・副作用・その他安全性情報など〕を収集・評価する事で、医薬品を適正かつ安全に使用するために医師・看護師など医療従事者への情報提供を行っています。 また緊急安全性情報など速やかに情報提供すべき情報については病棟専任薬剤師を通じ、早急に他の医療従事者へ情報提供することで適切な薬物療法を提供するための支援を行っています。
病棟業務
全病棟に病棟専任薬剤師を配置し、持参薬確認から患者・ご家族への服薬指導、個々の全身状態を考慮した処方提案など、病棟薬剤業務標準マニュアルに基づいて医師・看護師など医療従事者の業務負担軽減のほか、各診療科カンファレンスに参加し、入院患者に適正で安全な薬物治療が提供できるよう薬学的ケアを実践しています。
チーム医療
ICT、NST、褥瘡対策などチームにも参加し、積極的に情報提供や処方提案など薬剤師の職能を発揮しています。一方で一般の方を対象とした糖尿病教室や肝臓病教室、また患者を対象とした心臓病教室など他の医療スタッフと共同開催し、患者教育にも取り組んでいます。
治験業務
薬剤科では企業治験、医師主導治験、臨床試験に関わる試験薬の調剤・管理を行っています。 治験を実施するにあたって、事前に治験薬の調剤・保管管理等に関わる実施上の問題点などを確認し、治験コーディネーター(CRC:clinical research coordinator)と連携をとりながら、治験事務手続き、実施準備、治験薬の調剤や保管管理等を行っています。

治験を受けられる方へ

業務実績

【平成29年度】
・地域保険薬局の資質向上に向けた病院薬剤師の役割~トレーシングレポートを用いた副作用をモニタリングの強化とその先に~(近畿薬剤師合同学術大会2018)
・当院における転倒・転落のインシデントと睡眠薬の関連性に関する研究報告(第27回日本医療薬学会学術大会)
【平成28年度】
・インスリン注入保持時間に着目した自己注射手技の実態調査 (第5回日本くすりと糖尿病学会学術集会)
・病薬間における吸入療法の情報共有〜薬剤師地域連携研究会を通じて〜
(第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術大会)
・保健薬剤師と病院薬剤師の共働作業による 外来患者の安全管理(第26回日本医療薬学会学術大会)
・薬剤師による薬剤自己管理評価チェックシートを用いた管理方法の検討(第26回日本医療薬学会学術大会)
・検査値を院内処方箋に表示することによる疑義照会内容の変化〜カリウム値を中心に〜(第26回日本医療薬学会学術大会)
・副作用自覚症状チェックシートを用いた新人薬剤師教育体制の構築(第26回日本医療薬学会学術大会)
・当院におけるバンコマイシン処方設計への薬剤師の積極的介入(第31回日本環境感染学会学術集会)
【平成27年度】
・大阪府病院薬剤師会における若手薬剤師の医療安全への取り組み現状調査(第37回日本病院薬剤師会近畿学術大会)
【平成26年度】
・病棟薬剤業務における医師・看護師へのアンケート調査と今後の展望(第36回日本病院薬剤師会近畿学術大会)

資格認定

日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 1名
日本臨床主要学会 外来がん治療認定薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構 糖尿病療養指導士 1名
日本経静脈経腸栄養学会 栄養サポート専門療養士 1名
日本薬剤師研修センター 漢方・生薬認定薬剤師 1名
日本老年薬学会 老年薬学会認定薬剤師(暫定) 1名
ICD 認定機構 ICD 1名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 6名
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 生涯研修認定薬剤師 1名

教育体制についてはこちら

スタッフ紹介

薬局長以下、14名の薬剤師が院内における薬の専門家として、安心・安全な薬物治療を提供するために日々業務を行っています。

スタッフ構成

薬局長    権藤 直人
主任     東儀 明恵
副主任   堀田 千里
副主任心得 研谷 丈之
副主任心得 山本 浩之

地域連携

薬剤師会・保険薬局の皆さまへ