薬剤科

ご案内

平成25年10月全面院外処方開始に伴い、薬剤師の業務の対象が入院患者中心に変更となりました。私達は院内の医薬品の供給や調剤を行う以外に、近年需要が高まっている薬学的患者ケアを実践しています。また院内の各種医療チームに参加することにより、薬剤師の観点から"薬の安全管理"などにも貢献しています。これらの業務を通じて知り得た情報は、学会発表を通じて私達の取り組みを院外へと発信しています。

さらに勉強会等を開催して近隣の病院や調剤薬局との情報共有を図り、枚方市東部地域における病診薬連携にも取り組んでいます。

特色

抗がん剤調製
全ての抗がん剤無菌調製を薬剤科にて安全かつ無菌的に調製しています。また、レジメン管理委員としてレジメンの妥当性審査・登録を行い、化学療法の安全な施行や副作用の防止・軽減に努めています。
医薬品情報室
医薬品に関する情報の収集と評価、医療スタッフへの情報提供等を行い、患者さんへ適切な薬物療法を提供するための一役を担っています。
病棟業務
全病棟に薬剤師を配置し、各診療科のカンファレンスにも参加しながら薬剤管理指導を行っています。また、医薬品の適正使用や安全管理に関与し、医師や看護師の業務負担の軽減に貢献しています。
チーム医療
ICT、NSTチームにも参加し、積極的に情報提供や提案などを行っています。一般の方を対象とした糖尿病教室や肝臓病教室を他の医療スタッフと共同開催し、患者教育にも参加しています。
教育体制についてはこちら

スタッフ紹介

薬局長以下、12人のスタッフが院内における薬のエキスパートとして、患者さんに安全な薬物治療を提供するため日々業務を行っています。

スタッフ構成

薬局長
権藤直人(ごんどう なおと)
主任
東儀明恵(とうぎ あきえ)
調剤室リーダー
石井ひとみ(いしい ひとみ)
医薬品情報室リーダー
研谷丈之(とぎたに たけし)
内科系薬剤管理指導リーダー
堀田千里(ほった ちさと)
外科系薬剤管理指導リーダー
山本浩之(やまもと ひろゆき)
薬剤師
6名