治験審査委員会

治験とは

わが国で使用されている「くすり」は、すべて厚生労働省からその使用について承認を受けています。この承認を受けるためには、「くすりの候補」が『安全に使えるか。』『効き目に効果があるか。』『現在標準的に使用されている「くすり」よりも優れているか。』などについて調べ、試験の結果を厚生労働省に提出し審査を受けなければなりません。

これらの試験のなかで人に対して行われる試験のことを「治験」と言います。

「治験」は、厚生労働省が定めた「医薬品の臨床試験の実施の基準」(GCP)に従って厳格に行われています。「治験」を行うにあたっては、医師などの専門家で構成する「治験審査委員会」で、治験の倫理性、安全性、医学的妥当性について審査し、承認を得なければなりません。

当院では現在いくつかの「治験」を実施していますが、これらの条件をすべて満たした上でおこなっています。

当院では治験審査委員会を設置し、医学、薬学などの専門家および専門家以外のかたや、当院と利害関係のないかたにも委員となっていただき、医学的な立場および患者さんの立場になって、当院で実施される治験、自主臨床試験および未承認薬などの臨床使用の実施について問題がないかどうかを審査しています。

現在実施中の企業治験

2018年1月1日
対象疾患 治験薬 募集期間
(予定)
開発相 募集の
詳細資料
1 心筋梗塞 カナキヌマブ 終了 第3相
2 心不全(HFrEF) 経口sGC刺激薬vericiguat 2019年2月
(受付中)
第3相 PDF
3 レストレスレッグス
症候群(RLS)
ガバペンチン エナカルビル 終了 第4相
(製造販売後臨床試験)
4 非アルコール性
脂肪肝炎(F3)
Selonsertib 終了 第3相
5 非アルコール性
脂肪肝炎(F4)
Selonsertib 終了 第3相

これまでに実施した企業治験

2018年1月1日
診療科 対象疾患 開発相 件数
外科 腹腔内感染症 1
呼吸器内科 慢性閉塞性肺疾患(COPD) 3
呼吸器内科 喘息 1
呼吸器内科 喘息 Ⅱ/Ⅲ 1
呼吸器内科 喘息 1
循環器科 心房細動 1
循環器科 急性冠症候群 1
循環器科 急性冠症候群 1
消化器内科 胃潰瘍 1
消化器内科 胃・十二指腸潰瘍 2
消化器内科 胃潰瘍・十二指腸潰瘍 2
消化器内科 機能性胃腸障害 2
消化器内科 非アルコール性脂肪肝炎 1
消化器内科 逆流性食道炎 1
消化器内科 潰瘍性大腸炎 2
消化器内科 潰瘍性大腸炎 2
消化器内科 潰瘍性大腸炎 医療機器 1
神経内科 レストレスレッグス症候群 3
神経内科 レストレスレッグス症候群 1
神経内科 アルツハイマー型認知症 1
神経内科 アルツハイマー型認知症 1
神経内科 パーキンソン病 1
神経内科 レビー小体型認知症 1
総合内科 高脂血症 1
総合内科 高脂血症 3
総合内科 高血圧 1
総合内科 高血圧 4
内分泌代謝内科 糖尿病 3
内分泌代謝内科 糖尿病 2
治験実施可能診療科、領域
皮膚科:アトピー性皮膚炎、帯状疱疹後神経痛、爪白癬、ニキビ
眼科:緑内障、高眼圧症、糖尿病網膜症