院長あいさつ

病院長 野原 隆司

病院理念としての"医療への貢献と奉仕"は着実に浸透し、かつ各部署で意識の高まりが感じられます。ここ2年連続で国家公務員共済組合連合会病院を含む中堅病院の"やる気、満足度"のトップランクを維持しています。これは素直に枚方公済病院の医療スタッフの強みであり、特徴であると感じています。

2025年に向けて、老人社会の到来、地域連携の強化、病院群の再評価、さらには専門医制の見直しなど多くの問題を抱えながら、自院の立ち位置を明確にして、特徴を出していくことが求められます。中規模病院としての我々の病院は軍艦ではなく駆逐艦であると言っています。性格がはっきりしており、小回りが利くことでそう呼んでいます。その意味で断らない強いER救急を主体にして、各科のバックアップが信頼できる枚方公済病院は地域のニーズに合う頼れる病院であると確信します。

平成29年1月 病院長 野原 隆司