専門・認定看護師

認定看護師

集中ケア認定看護師:堀内あゆみ

HCU/CCUに所属している堀内あゆみです。看護師経験は11年目となります。平成25年7月より、集中ケア認定看護師となりました。私が集中ケア認定看護師を目指したきっかけは、当院で心臓血管外科が開設され、自分の知識・技術不足を痛感し、より集中ケアに関する知識、技術を身につけたいと考えたことでした。現在、周りのスタッフに支えられ認定看護師として活動しています。重症な患者様、ご家族に寄り添う看護を提供し苦痛を最小限にできるよう、人工呼吸器の早期離脱や、早期離床など集中治療領域の看護の水準を向上していきたいと考えています。よろしくお願いします。

感染管理認定看護師:薮内晃子

感染管理認定看護師の薮内です。看護学校卒業後、当院に就職し、結核病棟や血液内科、循環器内科、ICU/CCUなどで勤務してきました。この10数年で病院の体制は大きく変わり、急性期医療に取り組む病院となりました。そんな中で看護部感染委員を任され、病棟の感染対策に取り組むうちに、認定看護師という道を勧められました。平成24年に三重県立看護大学で研修を受け、翌年に感染管理認定看護師となりました。現在は専従で、院内の様々なことに取り組んでいます。感染管理の業務は幅広く、個人の手技から病棟のこと、さらに病院全体の感染管理と様々な業務に追われる毎日ですが、背中を押してくださる人に恵まれて頑張っています。

慢性心不全看護認定看護師:原谷こずえ

慢性心不全看護は、発症前から急性増悪期、慢性期、終末期と様々な時期が対象となります。そして、慢性心不全の病態や治療は複雑で多彩なのが特徴で、再入院の原因として自己管理が大きく関連します。個々に応じた生活調整、自己管理能力を高めるための支援は重要で、看護師だけでなく、多職種と連携を取りながら、スタッフと共に日々セルフケアへの支援に取り組んでいます。また、心不全看護外来を開設し、退院後もセルフケアが継続でき、自宅で不安なく過ごせるよう支援も行っています。他にも、在宅との連携や緩和ケアなど、患者さんの状態に応じた介入ができるよう活動しています。

がん化学療法看護認定看護師:正木智美

がん化学療法看護認定看護師は、おおきく3つの役割を担っています。ひとつ目は、患者さんが安全・安楽に、そして確実な抗がん剤治療を行えるように投与管理を行なう事と、副作用対策を一緒に考えていくことです。2つ目はこういった技術・知識をもった看護師をひとりでも多く育て、患者さんが安心して治療できる環境を整えていくこと。そして3つ目は、抗がん剤治療に携わる看護スタッフが、不安なく看護に当たれる環境を整えていくことにあります。 2009年に認定資格を取得後、枚方公済病院では2014年9月から活動しています。患者さんそしてご家族が「ほっとできる」治療環境の提供をおこなっていきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。

救急看護認定看護師:村上千亜紀

救急に携わる看護師は、予測性・準備性・即応性が大事だと言われます。事前の患者の情報からどういう状態が予測されるか、どんな疾患が予測されるか、それによってどんな処置がなされ、どんな準備が必要か考え、常に緊急度・重症度を考慮して迅速に対応しなければなりません。現在私は、救急看護の質向上に向けて、院内での急変対応や救急外来の整備などを行い、院外では、新人研修や再就職支援、ファーストエイドコースの運営などに力を注いでいます。また、急性期領域の終末期医療のありかたについても思うところもあり、地域全体での取り組みができれば良いと思っています。地域の救急医療の質向上に貢献できるよう、日々頑張っています。

皮膚・排泄ケア認定看護師:大西千代

皮膚・排泄ケア分野は、ストーマケアから始まり褥瘡などの創傷ケア・失禁ケアに発展してきました。この3領域に共通する基本は「スキンケア」で、皮膚の健康維持促進と障害予防が目的となります。私は2016年に認定資格を取得後、皮膚障害ハイリスク患者や皮膚障害・褥瘡発生患者など院内の動向を情報収集して、看護師や患者・家族に対してケアの教育・指導を行っています。また、排泄ケアは人としての尊厳に関わるケアです。ストーマケアや退院後の日常生活が安寧に過ごせるよう生活指導を行うストーマ外来を開設しました。尊厳を保ち、生きる意欲をもっていただけるよう専門的な援助をしていきたいと日々活動しています。