看護部長あいさつ

看護部長

当院は地域に根ざした急性期病院として、安心、安全を最優先した質の高い看護が提供できるよう看護職員の教育に重点を置いています。

卒後3年間は大切な時期です。どのような病院で新人の時期を過ごし、教育を受けたかによって、看護師としての成長を左右するといっても過言ではありません。当院では新人看護師の1年間の教育プログラムはオンデマンドの講義と技術練習を集合教育に組み入れ、各部署では1か月毎の目標と指導内容が細分化されています。チーム支援型の教育体制では個々の看護師の成長に合わせ指導し、チーム全員で新人を育てる風土があり、そのため、過去、4年間の新人看護師の離職率は0%です。

また、働きやすい職場環境にも配慮しています。充実した福利厚生、子育て支援、年間休日数131日とon Offのメリハリがあり、結婚、子育てしながらも長く働ける病院です。

私たちと一緒に、共に学び、キャリア形成し、人として成長しましょう。

副院長(看護部長)・認定看護管理者  畑 幸枝