新型コロナウイルス流行後の診療体制

平素は当院の診療にご支援、ご理解を賜り、厚く御礼申し上げます。

各地で新型コロナウイルスによる多大な影響が報告される中、当院におきましては、新型コロナウイルスの診療体制、新型肺炎と共存していく診療体制を現在も継続しております。

4月末~接触者外来の開設、正面玄関での発熱トリアージの開設、院内のゾーンニング、5月1日~:新型肺炎用5病床の開設。4月の間は、発熱者を診察するためのテントの設置、ひとつの病棟を一度すべて空きにして5床を隔離する壁の工事、重症患者さん治療のためHCU前室の工事を行いました。夏の気温上昇に備え、テント診療の継続は難しいと判断し、発熱患者さん診療専用のプレハブ診療スペースを設立致しました。

検査法は、PCR検査が基本ですが、現在のBML外注では24時間以上診断までの時間がかかってしまうことから、院内でできるランプ法の検査を取り入れることで、PCRと比較し短い期間で、陽性、陰性の判定ができるようになりました。

今回の事を通じて大切であると痛感したのは、情報伝達の重要性です。保健所や、厚労省からの情報には、どうしても遅れが生じること、公式見解であり、現場の本音が反映されない部分もあります。

今回の立ち上げにあたり、実際に新型肺炎の医療に携わっている施設の先生方と協力し、情報を収集、共有できたことは幸いでした。これまで診療に従事されてきた、全国の全ての医療従事者に感謝の気持ちをお伝え申し上げたいと思います。当院の医療従事者も、日々、協力的、建設的に意見を出し合いながら試行錯誤を続けております。

新型コロナウイルスの流行後、日本の医療は大きな変化の時期を迎えています。地域においては、命に関わらない疾患や、併存疾患をもつ患者さんに対する、侵襲的治療が控えられる一方で、地域に寄り添う姿勢が、これまで以上に重要になっているかと思います。

医療の原点回帰というべき今回の嵐をへて、枚方公済病院では、地域に寄り添う姿勢をさらに鮮明化し、感染ピークが見えないこれからもなお、地域の皆様に貢献出来ればという思いで、コロナウイルス診療を、勇気を持って継続していきたいと思います。

今後も、地域住民の皆様や医療機関からの要請に、可能な限りお応えしていきたいと思います。


国家公務員共済組合連合会 枚方公済病院
病院長 野原隆司